translation

【宿泊旅行情報サイト】[Japan travel site]日本百名道 岩手県と秋田県の峠道 八幡平アスピーテライン~TOUGE DRIVE~No.250

低コストで簡単、プロのようなホームページ作成「グーペ」

岩手県道・秋田県道23号大更八幡平線(いわてけんどう・あきたけんどう23ごう おおぶけはちまんたいせん)は、岩手県八幡平市から秋田県鹿角市に至る県道(主要地方道)である。十和田八幡平国立公園を岩手県側から秋田県側に、東から西へ横断する。県境は標高約1,600メートル (m) の八幡平頂上付近を通り、冬期は11月から4月までの長期にわたって通行止めとなり、通行止め期間の前後は夜間通行止めの措置がとられる。また、八幡平の両県側の麓の当県道沿線に国立公園のビジターセンターが設置されている。八幡平市緑ガ丘から国道341号交点にかけては、八幡平アスピーテラインの愛称で呼ばれ、絶景道路として有名である。かつては有料道路であったが、1992年(平成4年)4月1日に無料開放された。 観光の目玉は八幡平ドラゴンアイでしょうね(wikipediaより情報抜粋)



Booking.com

Booking.com
Booking.com