平家の落人が京の都を偲び、琵琶を奏で、つれづれを慰めあっていたと考えられています。高さ5… 大歩危・小歩危・祖谷渓